在日韓国人専用と女性専用

今の日本では、あらゆるところに女性専用室や女性専用エリアが設けられている。これは、男たちが女性に迷惑をかけてきたからで、女性差別の歴史もあるので、男たちは反省も込めて認めるべきとなって認められている。

しかし、在日韓国人専用となると女性専用とは状況が全く違う。在日韓国人専用の老人ホームを作るくらいで、レイシストたちの抗議が凄まじい。そのレイシストたちは、女性専用には抗議をしない。

むしろ、レイシストたちですら、女性が迷惑を被っているから女性専用のものがあると言うことさえある。日本では、女性差別は差別の中でレイシストさえ口に出すほど手軽いものになっている。

女性専用エリアでは全く起こらない抗議が在日韓国人専用では起きているのに、女性専用こそが抗議がすさまじいとか言ってるのは何なのか。女性専用が、一体、日本にどれだけあると思ってるのか。

だから、その女性専用のものがある理由を認めて、それなら、在日韓国人差別が根深いのだから、それを是正して、在日韓国人に安心してもらうためにも在日韓国人専用があってもいいと言うと、女性専用では起こらない滅茶苦茶な抗議が起こる。

女性専用は在日韓国人専用に比べれば、何の障害もなく、すんなり受け入れられている。差別の中でもイージーモードが、女性差別だ。言い換えれば、女性差別は差別の中で最も理解されやすい。

他にも、同和地区があるのは非同和日本人が被差別部落差別をしてきた歴史があるからなのに、同和地区は同和がいるから怖いになっている。そして、同和がいるから悪いのであって、同和に原因があると言って部落叩きをしていることもよく見る。

「部落差別はなくなったから、次は女性差別をどんどん糾弾していくべき」とかも見たが、被差別部落差別は一切なくなっていないが、何を言っているのか?

公共の機関でさえも女性専用ばかりあるのだから、在日韓国人専用のものができて、日本人の男女が入れないところができても何が不思議なのか。

関東大震災では朝鮮人を約6000人も虐殺して、(その時も、朝鮮人から日本女性がレイプされるとのレイシズムデマと反女性差別と警察が結託して、虐殺が起こっている)、現在もデモで在日韓国人を殺せ、駆除しろ、ゴキブリ死ねとか散々なヘイトスピーチをしてきた。

そもそも、在日韓国人が日本にいるのは、日本人が朝鮮半島を併合したからであって、大元の原因は日本人が主導してきたものだ。であるのに、在日韓国人が日本にいるのは密入国したからとか言っている。

さらには、女性差別が許せないと言ってる女性たちも、在日韓国人のことになるとレイシズムはそこまで問題ではないとか、6000人の虐殺はそこまでないとか、在日に原因があるとかまで言っている。

やはり、差別の中でイージーモードの女性差別の教育を優先させすぎて、それに比べて、レイシズム教育を殆どしてこなかったことが原因だ。

こんなことを言ったら返ってくる反応は、「女叩きをするな」だ。ここに書いてあることは、女性専用よりも在日韓国人専用のほうが遥かに抗議されていると言っているのに、「女叩きするな」と返ってくるのは何か。

それは、女性差別に差別問題を集約させたいのに、在日韓国人差別を問題にしたら、女性差別問題が霞むという心理が、意味不明な「女叩きするな」というマジックワードにあらわれている。

もっと言えば、チョンへの差別など大したことないから、日本人女性への女性差別を優先するためにチョンは黙ってろということだ。実際の社会の動きを見ると、これは冗談でも何でもなくそうなっている。女性差別になると、在日を切り捨てて突進する。

女性差別の記事には男たちも怒れよとさんざん言っておきながら、在日韓国人レイシズムの記事には、レイシズムは当事者じゃないし女性差別のほうが身近だしとか言い出す。

こんな状況が続くと、チョンに日本女性がレイプされるとのレイシズムデマと反女性差別が重なって、再び、朝鮮人虐殺が起こっても不思議でも何でもない。

反省の女性学とはに、当サイトの反省の女性学の趣旨を書いています。

2017年6月掲載



全記事一覧はこちら