アカデミー賞のオスカー候補と白人フェミニズム

スパイク・リー監督が、白人至上主義のアカデミー賞をボイコットすることが言われている。twitter上では、OscarsSoWhiteで検索するとこれに関連したことが言われている。オスカー候補者が2年連続で全員白人だったことが理由と言われているが、アカデミー賞の人種差別はかなり前から言われている。今さら問題になるほどに、人種差別は放置されてきたのだ。この件で、論点が放置されているのは白人女性との対置である。オスカー候補に女性が全くいないとなったら、2年連続どころか1年の段階で女性蔑視という批判が世界中で巻き起こる。黒人差別よりも女性差別が優先してきたレイシズムがある。

そして、オスカー候補者にいるのは白人の女たちである。オスカー候補者に女性がいないと女性蔑視になるからと、白人の女たちがいれば女性であるからと、白人の女が女性の中でのオスカー候補を独占しているのだ。間抜けなのは、白人フェミニズムである。ベル・フックス『フェミニズムはみんなのもの』が訴えることでも引用した次のことは永遠に言われなければならない。

多くの黒人女性や有色の女性たちが目にしたのは、白人の特権階級女性が、改良主義的なフェミニストの改革や、人種に加えてジェンダーでもとられたアファーマティブ・アクションから、他の人種の女性よりも大きな経済的利益を得たことだった。それを目にしたとき、黒人や有色の女性たちは再び、フェミニズムとは本当は白人の力を強めようという運動ではないのかという不信感を抱いたのだった。(81頁)

そうだ。この通りなのだ。フェミニズムとは、フェミニズムの本当の正体とは、白人の力を強めることである。これは世界中のあらゆるところでも合致することだが、オスカー候補でも未だにそうである。白人フェミニストがしてきたことは、女性差別と言いながら、実体は白人の女たちが差別されていると言って、白人の男たちが独占してきた白人特権を私たち白人の女たちにもよこせというものだ。白人の女であっても白人の男と同じ白人であるはずだから、同じ白人特権を共有できる仲だろうと。

その白人フェミニズムに黒人が人種の観点から批判すると、今は女性差別のことを言っているのに人種の観点を入れる裏切り者と黒人女性に言ってきた。そして、白人フェミニズムが跋扈した結果が、オスカーでの白人の女が独占しているこの悲惨な現状だ。この白人フェミニズムに対する批判は、もちろん人種に敏感な黒人女性が批判しているのは英語圏を見れば分かるのだが、日本人も鈍感なのが困ったものだ。日本人も有色人種ではあるが、黒人よりも立場が上の名誉白人とでも思っているのだろう。

このオスカー問題は、他のこととも重なる。日本で言えば、健常者の女たちが女性差別を言いながら、障害者のことは全く考えないどころか、障害者の女性たちへも攻撃してきたことなどとも重なるのだ。日本で女性差別を言っている時に、障害者の観点がないと言うと、女性差別のことを言っているのに障害者のことを持ち出す裏切り者で話を逸らすなと言うのである。それで、障害者の女性たちは健常者の女たちとは圧倒的な格差があるが、この格差は徹底的に無視するのである。

オスカーの白人至上主義で見えてくるのは、どの世界であっても、多数派女は女性差別を私物化するのである。白人フェミニストはactressというのは女性蔑視だからactorと呼べと執拗に言いながら、オスカーで白人女性が独占していることに関しては満足した表情で眺めるのである。白人フェミニストは人種に鈍感すぎる間抜けが多いと批判されてきたのに、バカで間抜けな白人フェミニストは今でもしっかりと健在である。実力がない黒人でも優先するのかといった批判がある。

バカな質問である。今までさんざんフェミニズムは実力が伴わなくても、歴史的な差別があるからと女性には女性枠まで設けてきているのに、黒人になると一変して黒人枠を批判するのである。フェミニズムが強引に女性枠をして、それは映画にも当てはまるのに、奴隷の歴史を持つ黒人には、アファーマティブ・アクションは反対とか失笑ものだ。白人フェミニズムは歴史的差別で女性枠も主張してきたのだから、さらに酷い歴史的差別を持つ黒人が黒人枠で黒人女性が前に出て、白人の女がそれで枠から外れて役がなくなるのも覚悟しないといけない。白人女の自業自得だ。

反省の女性学とはに、当サイトの反省の女性学の趣旨を書いています。

2016年1月掲載

《追記》

本当に実力主義なら、男女の性別にも分かれず、男女混合になる。その男女混合だとして、男性の割合が多かったら、忽ち、女性差別と批判される。男女混合でなく男女均等の賞にしているのは、女性枠はあるのだ。それでは、女性枠で女性へのアファーマティブ・アクションはしているのだから、黒人にも配慮をというのが何がおかしいのか。実力主義でなくなると言うなら、繰り返すが、それなら、男女混合の賞にするべきだ。アカデミー賞が男女混合ではなく、男女均等の賞にしている時点で実力主義ではないのに、黒人には実力主義と言って意見を聞かないのは黒人差別だ。



全記事一覧はこちら