女の子はセクハラで片手落ちは言葉狩り

女性に女の子と言うと、セクハラと言われて問題になる。場合によっては、ひどい女性差別であると言われる。これは、男女の権力の勾配を無視した鈍感な男たちが、女性のセクハラに無頓着だから起こるという。しかし、一方で、片手落ちはどうだろう。片手落ちを片手が落ちたと言って障害者差別につなげるのは言葉狩りだと言われる。

場合によっては、障害者利権の賜物だとも言われる。先の、女の子の場合とは正反対だ。片手落ちには、そもそもは障害者蔑視の意図などないと繰り返し言われて、障害者蔑視につなげることが障害者蔑視であるなども言われる。それでは、女の子と言うことは、そもそも女性蔑視の意図はあるものなのか。

女の子と女性に言うことは、元々の意味がどうであれ、使われる文脈や状況によって「いかようにも」セクハラになる。片手落ちでは、元々の意味には障害者蔑視がないから、状況や文脈を加味して障害者蔑視につなげるのは言葉狩りだと言う。女の子というのはセクハラだと言うのは、言葉狩りと言われるだろうか。

そんなことはなく、それとは正反対の対応がなされる。こんなことが起きるのは、世の中があまりに健常者の女たちの人権を重視し、障害者の人権を蔑ろにしているからだ。健常者の女性並に障害者が扱われるようになったら、世の中は障害者差別だらけである。それだけ、世の中の差別は健常者の女たちの私物になっている。

差別の整合性を考えれば、片手落ちや腰砕けや失脚などのほうにこそ、障害者差別であると言わないといけない。「役立たず」「ゴミクズ」障害者だからと、障害者は健常者から酷い仕打ちを受けてきたのだから。役立たずは殺せと、日本版フェミニストの旗手の平塚らいてうは断種を支持した。

女性差別用語は山ほど女性差別と言うのに、障害者差別用語は言葉狩りで認めない。こんなことがまかり通るわけがない。女性に対するセクハラでは、女の子といったことでも女性差別になっている。私宅監置や断種をしてきて、健常者至上主義の発露から片手落ちや腰砕けや失脚といった用語が生まれたのではないのか。

これを認めないのに、男社会からの女性差別は何でも女性差別がまかり通っている。障害者差別用語が糾弾されるようになると、息苦しい社会になるから言葉狩りはやめろだと。それなら、今の社会は、女たちに女の子と言ったり、文脈で少しでも引っ掛かるとセクハラと言われる。今の社会は、健常者の女たちが天下の息苦しい社会に十分になっていないか。

これを言うと、男女の権力の勾配を考えないで何を言ってると言われるが。それなら、健常者と障害者の権力の勾配を無視して、なぜ、障害者には言葉狩りをやめろ、文脈なんかどうでもいいから、障害者差別用語ではないと言い切るのか。差別の整合性が全くない。歴史的に、健常者の女たちも障害者に熾烈な障害者差別をしてきたのに、その報いを受けないとはどういうことだ。

女の子はセクハラで片手落ちは言葉狩りとは通るわけがない。障害者が差別やハラスメントと受け取れば、それは障害者差別ではないのか。健常者の女たちへのセクハラはそう主張しておいて、障害者では言葉狩りをやめろとは、歴史教育であまりに不十分なのは障害者差別史であることがあらわれている。

反省の女性学とはに、当サイトの反省の女性学の趣旨を書いています。

2015年12月掲載



全記事一覧はこちら