被災地の性犯罪と強姦デマが関東大震災朝鮮人虐殺に繋がった

阪神大震災でも、東日本大震災でも、熊本地震でも、被災地での性犯罪、強姦デマが出回った。被災地での性被害、性暴力と言う時に、歴史的経緯の暴力を一切無視することが常態化している問題がある。

以下の与那原恵の記事に書いてあるように、阪神大震災では女性団体が強姦デマを流したことが書いてある。戦前には反女性差別とレイシズムによる正義が「不逞鮮人暴動」デマと繋がってきた歴史もある。与那原恵が検証したデマを男女共同参画で肯定して載せている。国は不逞鮮人暴動デマで朝鮮人虐殺をしたことの反省がなく、また不逞鮮人暴動デマにつながる強姦デマを載せている。

与那原恵『物語の海、揺れる島』作られた伝説―神戸レイプ多発報道の背景

被災地での性犯罪と強姦デマによって、何が起こってきたのか。

関東大震災朝鮮人虐殺とは
1923年(大正12)9月1日の関東大震災の発生直後の午後から、朝鮮人が井戸に毒を入れたなどのデマが出回り、虐殺された朝鮮人は約6000人と推定される。「不逞鮮人暴動」などのデマを当時の新聞が流し、出所の一部は警察や軍隊でもあった。自警団の中には、警察の指導下で組織された団も多かった。そして、この「不逞鮮人暴動」は強姦デマもあり、不逞鮮人がわが日本女性を強姦しているから許せないといったデマだ。これは、在特会などの反韓ヘイト団体も使ってきた手法で、「不逞鮮人に日本女性が強姦されるからゴキブリ朝鮮人は排除しろ、在日特権は許せない」というものだ。つまり、強姦デマは反韓ヘイトに今でも立派に使われているのである。

在特会支持者たちも朝鮮人叩きの道具として「女性差別」を利用するのを見ても、女性差別はあらゆる差別の中でも最も軽薄なものになっている。醜いレイシストたちは「女性差別」をダシにレイシズムを丸出しにするのだ。朝鮮人蔑視を隠蔽するために女性差別を利用してきたのだ。女性差別周辺は、その女性差別を利用した朝鮮人蔑視の醜さが充満している。

何でも女性差別で強姦デマを流し、それを朝鮮人に結び付け、朝鮮人叩きに利用するのは関東大震災からの日本の伝統だ。統計も無視する。「少年犯罪が凶悪化」は殺人率を見てもだ嘘だが、強姦では統計を一切信用しないとは?暗数があると言い出したら、それが「不逞鮮人の暗数がいるに違いない!」で、朝鮮人虐殺に繋がった。いい加減、女性差別を盾にレイシズムに繋がるデマを流すな。何でも女性差別ならレイシズム万歳には反吐が出る。

ちなみに、この関東大震災朝鮮人虐殺がなかったと言ってるのは「全て」と言っていいほど、当時の新聞を根拠にしてる。当時の新聞が不逞鮮人暴動などのデマを流したから問題になったのに、その新聞を根拠にしている。デマ文を根拠にするのが朝鮮人虐殺否定の常と見ていい。しかし、普段は「マスゴミは偏向報道ばかりするな」と言いながら、戦前の新聞は捏造報道していたとも言いながら、都合がいい時にはそのメディアを丸々信用するのもお笑いだ。

被災地の強姦デマは女性の人権との善意で安易に拡散されやすく、関東大震災以後の地震からでも連綿と、被災地での強姦多発デマが出回っている。関東大震災での朝鮮人虐殺を批判する時には、強姦多発デマが関東大震災の朝鮮人虐殺に繋がったことには口を塞ぐことはできない。

悪質なのは、関東大震災朝鮮人虐殺で朝鮮人が井戸に毒はデマだが、強姦デマには同調することだ。結局、朝鮮人虐殺に繋がることに抵抗するのでなく、都合のいい意見しか耳を傾けない。反女性差別になると、デマでも容認する。強姦デマが朝鮮人虐殺に繋がった歴史を省みないで、朝鮮人虐殺を批判するな。不逞鮮人暴動というデマを肯定するのと同じになる。

『風よ鳳仙花の歌をはこべ』では、朝鮮人が道に迷ったから娘に道を聞いたら、聞いた後で「あそこに朝鮮人が行く!」と叫んだことが書いてある。関東大震災朝鮮人虐殺は男女で一緒になって虐殺したのだ。

「強姦デマが出るのも仕方ない、女性の性被害こそ震災で深刻だから」という頓珍漢な意見は何か。最大の災害弱者は障害者で、障害者が自然災害で健常者より遥かに死んできたことをどう思うのか。それなら、障害者を見殺しにしてきた健常者に障害者側からいくらデマを言っても容認するのか?健常者が障害者を殺しまわっているとデマを流して、健常者虐殺が起きても、歴史的にも現実的にも障害者差別が酷いから、健常者虐殺くらい黙っておけと?

今まで被災地で全く無視されてきたのは健常者女性でなく障害者。今でもテレビで字幕も全く出ないし、特に東日本大震災級になると、障害者は健常者より死ぬ問題も放置してきた。差別構造を無視してきたから多数派男は我慢しろ?それなら、障害者は健常者にどれだけのデマ抗議でも、健常者側は黙ってるのか?

警察という自白強要装置機構でさえも、デマ削除を指導することさえ極一部にすぎないが実際にあるのに、新聞は強姦デマも訂正するようにはなっているのに、テレビでは強姦デマを流さないようにはしているのに、ネットで真実はどうだ。ネトウヨもネトフェミのデマもどちらも批判が少なすぎて、どちらも偏って不逞鮮人暴動に繋がることに加担している自覚はあるのか。

何でも在日韓国人叩きと、女性差別と言えば何でも通るが重なると、これが最強のデマ装置になる。これによって、朝鮮人虐殺がなされた。愛国気取りと反女性差別フェミは、歴史的にも現実的にも近接性があり共闘する。どちらも批判するべきものだ。フェミニズムは「左翼」だから愛国排外主義と闘ってきた(いる)というのは真っ赤な嘘だ。フェミニズムは歴史的にも現実的にもおよそ排外主義の性格が色濃く、権力側と都合よく結び付いてきた(いる)。

大手メディアの報道が酷いと災害の度にネットで言われるが、テレビがネットに変わったらどうなるのか。不逞鮮人の強姦が!とネトウヨとネトフェミが共闘して、また在日韓国人が殺されるのだろうか。とてもじゃないが、ネットで真実のほうがまともだとは思えない。ネット言論を詳細に見るほどそう思う。

反省の女性学とはに、当サイトの反省の女性学の趣旨を書いています。

2016年5月掲載


全記事一覧はこちら