夫婦別姓は生家主義で家制度の封建制

夫婦別姓論者が進歩的で、夫婦同姓論者が保守的であるという単純明快な区分けは無知そのものだ。これは、歴史的に見ると、逆である。明治9年3月17日の太政官指令15号にあるように、1898年の明治民法以前は生家主義による夫婦別姓だった。夫婦別姓論者は、この生家主義の傾向が非常に強い。

夫婦別姓論者がよく言うことに、「私は実家の墓を守りたいから別姓にしたい」というものがある。これは、生家中心主義そのものだ。夫婦別姓論者の言うことを聞いていると、生家主義による家制度を守りたいということをよく言っている。間違っているのは、夫婦同姓論者も同じだ。日本の伝統的価値観が崩れるなどもそうだ。

日本では夫婦同姓にしたのは明治民法で定めて以降で、それ以前は家制度の生家主義だったのだ。夫婦同姓はこの封建的な家制度の影響力を下げることにもつながったので、夫婦別姓論者が言っている「夫婦同姓は家制度の封建制」であるとは逆である。夫婦別姓論者が、家制度の封建制に固執していることをかなり言ってきている。

実は、明治期に夫婦創姓論があるが、それのほうが夫婦別姓論者などより遥かに生家主義から離れたものだ。福沢諭吉は明治18年の『日本婦人論』で、梶原と畠山が結婚して山原になることを提言している。このように、姓を新たに作れるようにすることで、封建的な生家主義からも離れ、夫婦での姓をどちらにするかといった問題からも離れられる。

そして、理想は、選択的夫婦創姓論だ。夫婦同姓も、夫婦別姓も、そして、夫婦創姓も選択できるようにする。しかし、夫婦創姓論には、夫婦別姓論者は「家の墓はどうなる」とか言って強硬に反対するのだ。家制度から本当に離れたいのなら夫婦創姓が最も理想的であるのに、夫婦別姓論者は反対する。

夫婦別姓論者は封建的な家制度に固執している一員にすぎない。生家中心主義の化けの皮が剥がれたことばかり言っている。明治民法以前の夫婦別姓こそ日本の伝統だからそれに帰ろうという別姓論者をかなり見たが、それは封建的な家制度に戻ろうと言っていてるのだ。生家主義が蔓延したほうが、さらに家制度は強固になる。

夫婦別姓とは、家制度の別名であるとも言える。大体、封建時代に夫婦別姓だったのだから、夫婦別姓自体は何も新しくなく、進歩的でも何でもないのだ。歴史を直視して見つめろとは、夫婦別姓論者にこそ言える。女性差別と言えば何でも通り、歴史さえ捏造することのあらわれだ。

《追記》

そもそも日本は夫婦別姓が原則で、北条政子もそうであった。1870年(明治3)の太政官戒告から庶民が姓を持つようになったわけで、1876年の太政官指令の「婦女他家ニ嫁スルモ仍(な)ホ所生ノ氏ヲ用フヘキコト」で、夫婦別姓の原則を言っている。「封建時代で女性差別が酷かった」などと言っていた時代が実は夫婦別姓だったわけで、普段言っている「女性差別」とやらとの整合性はどうなるのか?

反省の女性学とはに、当サイトの反省の女性学の趣旨を書いています。

2015年12月掲載



全記事一覧はこちら