大震災時のデマ

与那原恵『物語の海、揺れる島』については、以下にあります。

与那原恵『物語の海、揺れる島』作られた伝説―神戸レイプ多発報道の背景


東日本大震災のネット上のデマが、『朝日新聞』などで記事になっていた。

asahi.com(朝日新聞社):ネットのデマ、警察庁がチェック強化 悪質なら摘発も - 社会

2011年4月1日19時9分

 「被災地で強盗や性犯罪が多発している」といったデマが飛び交っている問題で、警察庁は1日、3月31日までに把握したネット上のデマ24件の削除をサイト管理者に依頼したことを明らかにした。同庁は17日から民間業者に委託してネットチェックを強化しており、特に悪質なものは摘発を検討するとしている。

 警察庁によると、震災後、岩手、宮城、福島の3県の被災地では、強盗、強制わいせつといった被害の届け出は一件もないという。阪神大震災や中越沖地震などの発生直後は犯罪全般が減少しており、今回も同様の傾向にあるという。

3月22日付けの『河北新報』でも、記事になっていた。

河北新報 東北のニュース/デマ横行「震災による不安心理が背景に」

『河北新報』には、避難所になった三条中の中国人のことも書いてある。中国人の他に、ネット上には「朝鮮人を見たら凶悪犯と思え」というような書き込みもある。そういうデマの他に、被災地で強姦が頻発しているというデマもある。

4月1日付けの『毎日新聞』にも書いてある。

東日本大震災:多数のデマ流布 警察庁が注意喚起 - 毎日jp(毎日新聞)

警察庁によると、被災地では商店からの品物の持ち去りや乗り物盗は発生しているが、強盗・強姦(ごうかん)事件の発生や外国人窃盗グループの存在は把握されていない。警察庁は「被災者の不安をあおることを意図したようなデマもある」とし、不確かな情報をメールで受信した時も、安易に転送しないよう呼びかけている。

『朝日新聞』の記事に阪神大震災の際のことが書いてあるが、阪神大震災で強姦が頻発したというのは、与那原恵「作られた伝説―神戸レイプ多発報道の背景」『物語の海、揺れる島』(小学館)[初出…「被災地神戸『レイプ多発』伝説の作られ方」『諸君!』1996年8月号]によってデマだと明らかにされている。

以下の記事は、阪神・淡路大震災をダシにした下劣なフェミニストのデマである。

1995年1月17日に起こった阪神大震災から10年 - 性を語る会

Twitterを見ても、このデマ記事を今回の東日本大震災に当て付けて、拡散している者たちがいる。ネトゴミとは、このことだろう。

http://topsy.com/www.ahni.co.jp/kitazawa/sei/kitazawaseikyouiku12.htm

大震災が起こると出てくるデマには「朝鮮人が悪行を働いている」の類もあるが、「強姦が頻発している」の類のデマはそれよりも根強く流れている。この二つのデマはどちらとも非常に悪質なのでどちらとも批判するべきだが、ネットを見ると一方だけしか批判していない者たちも多い。朝鮮人のデマの類にはレイシズムと言って批判するが、強姦のデマの類には沈黙してしまうようではどうしようもない。『河北新報』の記事は、中国人のデマも強姦のデマもどちらとも批判しているので、バランスが取れている。

与那原恵によるレイプデマ検証や、今回の東日本大震災での強姦頻発という証拠が全く掴めない下劣なフェミニストが最終的に言い出すことに、「そもそも男が強姦するから悪い」がある。こういう下劣なフェミニストは、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」などのデマを発する人種差別主義者と同じく差別主義者だ。

男であっても寝たきりの高齢者や身体障害者など、そもそも強姦に及ぶことができない男がいるというのを全く考えていない。さらには、同性愛者の男は、そもそも女に性的指向が向かないので、女を強姦する気すら起きない。「そもそも男が強姦するから悪い」と言うフェミニストは、要介護の高齢者を排除し、障害者排除の健常者至上主義であり、同性愛排除の思想を持つ差別主義の塊であることが分かる。そういうフェミニストが女性差別を言いながら「差別改善」を訴えるのだから、噴出してしまう。

ネットで震災時での女性のことが考えられていないと言うフェミニストたちも、我欲によって主張しているのが目立つ。今回の東日本大震災で最も考えないといけない被災者は災害弱者であって、女性全体ではない。女性のことを考えるのならば、妊婦のことを考えないといけない。大震災時に妊婦でもない健常者の女性のことを考えろと言っているフェミニストたちは、排外主義に染まった差別主義者なのだろう。妊婦ではない健常者の女性よりも、嬰児や幼児、障害者、高齢者や、テレビでよく流れている透析患者などのほうを優先しないと助かる命も助からなくなってしまう。

今回の東日本大震災では、ネット上でマスゴミと言われるテレビが、デマのことを考えてもネットより遥かに抑制して報道していた。マスゴミと批判しているネットがネトゴミになってデマばかり飛ばしているのだから、テレビはまだまだ報道媒体として安泰であることを示した。

2011年4月掲載


全記事一覧はこちら